自分が元気になる言葉って何がある?

スポンサーリンク

みなさん、お元気ですか? 福岡おとこ力.comです♪

世間では3連休の方もいらっしゃったと思いますが、楽しく過ごされたでしょうか?

福岡市は、今日はソフトバンクホークスの優勝パレードで大変盛り上がっていました!

また、大相撲九州場所も千秋楽を迎えて、小結の貴景勝が優勝を飾りましたね!

今日は、そんな気分が上がって元気になる言葉についてお話しします(^ ^)

自分が元気になる言葉について

私は、いつも人と接しているときは、極力明るく振舞うことが意識せずにできます。

ですが、一人の時にいつも元気かというとそんなことは決してありません。

私も一人の人間ですので、気分の浮き沈みはあります。

そんな時に、自分なりに元気になる言葉がいくつかあります!

言葉は使う人の考え方によって、持つ意味が全然違ってくるものだと思います。

私が元気になる言葉の一つは、自分を褒めてあげる言葉を言うことです。

「今日もよく頑張ったね!」とか「やればできる人やん!」など肯定的な言葉を自分に投げかけてあげると、気持ちが上がってくるように感じます。

より、効果があるのは、鏡を見ながら言うと結構顔つきにも現れてくるのが、見ていてなんとなくわかります。

あとは、意外に面白いのですが、下がった気持ちをほぼフラットにできる言葉として、人から聞いて試してみたら効果があった言葉があります。

それは、たった一言「ウケる〜!」と言うのです!語尾が上がるように言うと特に効果が高い気がします。

そんなバカな!と思われる方も是非一度試してみてください。

自分が元気になる言葉をどう考える?

元気になるということは、前向きになるということでもあるので、当然肯定的な言葉が多くなると考えられますよね。

逆に否定的な言葉はまず元気になるというよりも、より落ち込む一方のはずです。

私は正直自己肯定感が決して高くないと思っているので、いつもどちらかといえば否定的な言葉を多く自分に使いがちです。

「今日の仕事はきちんとやったか?」「こんなんで一人前と言える?」というような言葉をすぐ投げかけてしまうわけです。

これでは、自分が元気になるわけがありません。

そうではなく、前向きに自己肯定感が高くなる言葉を自分に投げかけてあげるようにすべきですよね。

言葉は言霊というくらい、実はものすごく人に影響を与えるものなのです。

とすれば、一旦口をついて言ってしまった言葉は、すぐに取り消しても人の心の中に入り込んだらなかなか消えはしないということです。

私は、人と話すことは大好きですので、いつもおしゃべりな性格なのですが、自然と口をついて出る言葉であっても、場面に応じて相手のことを考えながら話すことが多いです。

ただし、お酒が入るとそういうわけにはいかないこともあるので、失敗した経験は数多くあります(T-T)

ちょっと横道にそれましたが、自分が元気になる言葉は自己肯定感を高めるものがいいということです。

終わりに

人を元気にするには、自分が元気でないと絶対無理だと思います。

自分を元気にするには、自分で自分をちゃんと愛してあげることが大切です。

朝起きたら、鏡に向かって「おはよう!」と気持ちよく挨拶してみてはいかがでしょう?

そして、「今日も絶好調な1日だよ!」と声かけしてみるのもいいと思います!

私も、こうやって自分の気持ちをあげる努力をしています。

自分の元気のなさを人や環境や境遇などのせいにせず、前を向いて生きて生きたいです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする