自分の心の支えはどんなものですか?

スポンサーリンク

みなさんこんばんは。福岡おとこ力.comです♪

最近は日が昇るのは遅いですし、逆に日が暮れるのが早いですね!

あっという間に暗くなってました∑(゚Д゚)

ここまでずっと私が一番テーマにしている人間関係にまつわる話をしてきました。

今後も自分の経験をお伝えしながら、色々なテーマでお話ししたいです^ ^

今日は、自分の心の支えについてお話ししますね♪

自分の心の支えになるもの(両親)

みなさんにも心の支えになるものがきっとたくさんあることと思います。

私の心の支えは、まずは家族です!

私は、両親と妹の4人家族で育ちました。

妹はきちんと家庭を築いています。

私は残念ながらバツイチ離婚経験ありですし、子供もいないので、私の家族は両親です。

高齢の両親ですが、おかげさまで二人とも介護の必要もなく元気に暮らしています。

私は決して褒められた息子ではなく、この年(秘密?笑)まで心配や迷惑ばかりかけてきました。

今は、距離にして150キロくらい離れた場所の実家にいますので、普段は電話でしか様子を知ることはできません。

携帯電話は持っていますが、インターネットはしていないので、LINEやスカイプのようなテレビ電話で様子を知ることもできません。

とにかく毎日、慎ましく暮らしている両親ですので、健康一番で元気に少しでも長生きしてほしいなあと思います。

私が両親を心の支えと強く感じるときは、仕事などでひどく落ち込んだ時や、自分の人生を悲観するような気持ちになった時に、必ず二人の顔が浮かんできます。

家に写真を飾っているので、それを普段見ていることもありますが、結構はっきりと顔が浮かんでくるのです。

そして、いつも優しそうに私を見てくれています。

その顔を思い浮かべると、「さあ、落ち込んでる場合じゃないぞ!」と気持ちを強くすることができます。

自分の心の支えになるもの(親友)

私は性格的に、誰とでもコミュニケーションを取れるので、比較的友達も多い方かもしれません。

もちろん友人は、自分が悩んだ時やアドバイスが欲しいなどに、話を聞いてくれていろんな考え方も教えてくれるので、とてもありがたいですし、感謝もしています。

ですが、それ以上に私の心の支えになっているのは、友人の中でも親友と呼ぶ人たちです。

私には、中学校時代から社会人時代まで数人の親友がいます。

特に、中学時代の親友は本当に私の心の支えです!

普段は、みんな遠くに離れているので、会うこともありませんし、電話で話すこともほとんどありません。

しかし、自分が人生に思い悩むことがあった時に、すがる思いで相談した時は、本当に親身になって私に向き合ってくれます。

私からすれば、「そんなこと言われても聞けないよ!」というような耳の痛い話もきちんと意味を含めて話してくれます。

しょせん他人同士ですから、ほっとけばいい話かもしれませんが、親友とはそんな簡単なものじゃないとつくづく思います!

昨年、私に色々あった時は、本当に中学時代の親友二人に心配と迷惑をかけてしまいました。

一時期連絡も取ることもしませんでした。きっと、呆れていたのかもしれません。

でも、私がふと親友の意見を振り返ったことがあり、その時に二人の存在のありがたさをつくづく知ることができました。

親友とは、普段は空気のような存在ですが、何かあった時は誰よりもその人のことを大切に思って行動できる人だと私は思います。

気づき

他にも心の支えは色々あるはずです。

例えば恋人!残念ながら今恋人はいないので、現在の私の心の支えではありません(◞‸◟)

また、趣味や思い出・環境なども心の支えに十分なりますよね!

私が、今回両親と親友を取り上げたのは、やはり人間が好きだからです。

とにかく人間関係に興味があるのです。

大学も人間関係学科を専攻していたくらいですので!

私なりの気づきとしては、やはり心は目に見えないものですので、それを支えるものもやはり目に見えない人の思いというものが一番なのかなと考えます。

いずれにせよ、人は一人で生きてはいけないので、こういった心の支えは大切にしないといけませんね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする