インデックスの確認がブログ初心者には必ず必要!

スポンサーリンク

みなさんこんばんは。福岡おとこ力.comです♪

今日はあいにくの雨の1日でした( ; ; )

何となくジメジメした空気を感じると、気も滅入りそうになりそうですが、元気に明るく頑張ります!

今日は、私が体験したインデックスの確認についてお話しします!

インデックスって何?

私は、まだまだブログやサイトに関する知識は初心者レベルから毛が生えた程度のものしか理解していません∑(゚Д゚)

ですので、ブログを書いて公開したら全てうまくいってるものだと思っていました。

ところが、数日前にGoogleからメールが来て、サイトに対象範囲の問題が新たに検出されました。内容は「送信されたURLにnoindexタグが追加されています。」と指摘を受けました。

事情がよくわからず、とりあえずメール内にあった問題解決をはかるためにGoogleSearchConsoleにアクセスしました。

すると、私が書いた記事のうち4件がnoindexタグが追加されているとのことでした。

全く身に覚えがない話で、普段特に何もしていなかったので、すごく焦りました(汗)

そこで、まずはインデックスってなんぞや?という疑問から解決することにしました。

本来英語のインデックスは、索引という意味があります。

ただし、Webの世界ではSEO用語として使われるもので、検索データベースにWebページのデータをクローラーが収集したものを格納するといった解釈になるものだということでした。

となると、私の記事がGoogleのクローラーにインデックスされていないという問題が起こったのだと理解することができました。

インデックスの確認はなぜ必要?

インデックスされているかどうかの確認がなぜ必要なのかは、私の記事がインデックスされていないことから考えてみました。

まず、インデックスの確認方法としては、もっとも簡単なのは次の方法です。

Googleの検索画面で「site:福岡おとこ力.com」とURL入力します!

すると、画面はこんな感じになります!

この状態で、本来は書いた記事がきちんとインデックスされていれば全て表示されます。

ところが、noindexと言われた記事はここには表示されていませんでした( ; ; )

このことからわかることって、何でしょう?

要は、せっかく頑張って書いた記事がみなさんにみていただく機会を見事に失っていることなんです!∑(゚Д゚)

これって、あまりに悲しいことじゃないですか!

だから、インデックスされているかどうかの確認は必要です!

記事をインデックスしてもらう

この問題を解決するためにやったことは、次の内容でした。

GoogleSearchConsoleの中にあるFetch as Googleというツールを使う

まず、Fetch as Googleで、インデックスしてほしいURLを入力し、取得ボタンをクリックします。

次にインデックス登録をリクエストというボタンをクリックします。

これがリクエスト済みとなると、手続きは完了です。

あとは、早ければ数分後に再度自分のサイトのインデックスを確認してみます。

そこで、きちんとインデックスされていればこの問題の解決が出来たことになります。

ただし、現在GoogleSearchConsoleは新しいバージョンに変わる過渡期となっています。

そのため、Fetch as Googleは新しいバージョンでは使うことができません。

新しいバージョンでは、URL検査という項目から確認するようになっています。

インデックスに関してブログ初心者が気をつけること

今回は、思ったよりは大変なことにならずに済みました。

そこで、ブログ初心者がインデックスに関して気をつけるべきことをあげてみます。

・記事公開後に、ページのインデックスがされているか確認してみる

・ワードプレスを使って記事作成している場合は、プラグインに問題がないかどうかググってみて確認する

・GoogleSearchConsoleなどで、常にサイトの状況を把握するようにしておく

他にももっとチェックすべきことはあると思いますが、最低限このくらいの内容はいつも気にしておかなくてはいけないです。

まとめ

記事を書いて公開したら、「はいそこまで!」ではないのが当たり前です!

今回は、すごく自分がブログを書くことについて考えさせられました。

せっかく頑張ってみなさんに記事を見てもらいたいのであれば、少しでもプロのライターとして責任を持ってサイトを運営する気構えが必要だと痛感しました。

これからは、より一層努力して良い記事作成に努めてまいります(^ ^)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする